研究室について

田村研究室では、ロボットをはじめとする新たな人工物が人間と共存し、人間を支援するために必要な技術についての研究を行っています。研究の詳細は、研究内容のページをご覧下さい。

当研究室は、2020年4月に田村准教授が東北大学に着任して発足した研究室で、学部については工学部機械知能・航空工学科ロボティクスコース、大学院については工学研究科のロボティクス専攻 に所属しています。

なお、研究室の活動の多くは平田・翁・サラザル研究室/田村研究室として行っています。


配属等について

学部

機械知能・航空工学科の学生を、平田・翁・サラザル研究室/田村研究室という形で受け入れています。研究室配属は5セメスター(3年次)に行われます。配属の詳細についてはガイダンス等で確認してください。
平田・田村研では、4年次に卒業研究のテーマを決め、それに応じて主に指導する教員が決まります。これまでの卒業論文のタイトルはこちらのページをご覧ください。

大学院

当研究室は工学研究科 ロボティクス専攻に所属しています。大学院入試の詳細については、工学研究科のページ、および機械系のページをご確認ください。
大学院の学生募集は田村研単独で行なっていますのでご注意ください。

当研究室では、他大学・高専専攻科を含めて広く学生を受け入れます。受験・見学を希望される方は、お気軽にお問い合わせください(受験希望の場合、事前にコンタクトを取っていただくことをお勧めしています)。

学振特別研究員

日本学術振興会特別研究員としての受け入れを希望される方は、随時お気軽にお問い合わせください。


共同研究について

当研究室では、企業との共同研究についても積極的に行います。ご興味をお持ちの企業様は、メール等にてご連絡ください。


お問合せ先

ytamura_at_tohoku.ac.jp
https://www.facebook.com/tamlab.tohoku/
https://twitter.com/tamlab_jp