Research

注意誘導のための視覚的注意のモデル化

ロボットが人間と共存し、円滑なインタラクションを行うためには人間の振る舞いについて理解し、予測することが必要になる。一方、我々人間は他者の振る舞いを予測するだけではなく、ときに自らの行為によって他者の注意や行動を誘導する […]

自転車技術向上のための支援システム

自転車競技の技術向上及び怪我の予防においては、乗車姿勢を把握し、適切に修正することが重要である。本研究では、大掛かりな計測装置無しに、自転車に取り付けることの可能なセンサを用いて乗車姿勢を推定する手法の開発などを行ってい […]

福島第一原子力発電所の廃止措置のためのロボティクス

福島第一原子力発電所の廃止措置においては、ロボット技術が必要不可欠である。これに対して遠隔操作のためのインタフェースに関する研究、および移動ロボットによるガンマ線CTを用いた放射線源分布推定に関する研究を行っている。 D […]

移動ロボット

人間との共存環境下において動作する移動ロボットは、作業の効率性だけでなく安全性も重視する必要がある。一般に効率性と安全性はトレードオフの関係にあり、これらの両立は困難である。我々は、これに対して以下のようなアプローチで研 […]

認知特性に基づいたHMI

人間の認知機能を考慮したインタフェースを設計することが重要である。特に、situation awareness(状況認識)が、使いやすいインタフェースには重要であると言われている。我々はこのような観点から、人間の意志作用 […]

ふわふわディスプレイ

大型のタッチパネルを用いたものなど、インタラクティブなデジタルサイネージが注目されてきています。しかしながら、固い平面のディスプレイは、それに触れてインタラクションを行うということを誘発しないという問題があります。本研究 […]

無線LAN端末の位置推定

顧客の位置情報を取得することによって、より適切なサービスを提供することが可能になる。本研究では、商業施設・イベント会場等において無線LAN端末を保持した人の位置を精度良く推定することを目的としている。アクセスポイントから […]

卓上作業支援システム

多品種少量生産・変種変量生産という背景から、製造現場においては一人の作業者が様々な工程を受け持つようなセル生産システムが注目されている。また、製造現場に限らず一般の卓上作業においては様々な物体が様々な順序で扱われる。本研 […]

環境知能化

家庭やオフィスといった我々の生活空間においては多種多様な物体が存在している。このような環境でロボットがサービスを提供するためには、それらの物体を適切に取り扱わなければならない。しかしながら、カメラなどによる外観の形状のセ […]