自転車技術向上のための支援システム

自転車競技の技術向上及び怪我の予防においては、乗車姿勢を把握し、適切に修正することが重要である。本研究では、大掛かりな計測装置無しに、自転車に取り付けることの可能なセンサを用いて乗車姿勢を推定する手法の開発などを行っている。

 

  • Yusuke Tamura, Kojiro Matsushita, Hisashi Osumi: Estimation of Handgrip Position Based on Force Measurement During Steady CyclingJournal of Science and Cycling, Vol.4, No.2, pp.71-72,  2015. [JSC]
  • 田村雄介, 松下光次郎, 大隅久: 荷重計測に基づいた自転車乗車時のハンドル把持位置の推定, シンポジウム:スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス2014, B-8, 長岡, 2014年10月.
  • 田村雄介, 大隅久: 自転車ペダリング技術向上のためのタイミング情報提示システム, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会2013講演論文集, pp.766-767, 神戸, 2013年12月.